2012 年 9 月 16 日

アクセンチュアの和魂偉才塾説明会に行って来ました

by koji

アクセンチュア和魂偉才塾の説明会の最終回に行って来ました。

副塾長の清水新さん(アクセンチュア 経営コンサルティング本部 戦略グループエグゼクティブ・パートナー 兼モビリティサービスグループ統括エグゼクティブ・パートナー)からアクセンチュア和魂偉才塾に対する本気が伝わって来ました。次世代のビジネスリーダーを本気で育成したいという想いが伝わって来ました。

アクセンチュアという組織は、世界中に294,000人の仲間がいる。これだけの規模の組織は世界を見ても非常に稀な組織であり、日々人数が増えている。売上はグローバルで2兆円。アクセンチュアの日本法人が出来てから今年で50周年を迎え、日本の組織は5000人の仲間がいるとのこと。私が入社した1997年、今から15年前は目指せ2000人ということを当時の森代表がおっしゃっていたことが記憶に残っていますが、あれから倍以上に成長したということになります。

Skills to Succeed(スキルによる発展)というアクセンチュアが取り組まれている企業市民活動があります。アクセンチュアが有する教育・スキル育成の能力と人的リソースを世界各地の人々に経済・社会への参加・貢献の機会を提供するという取り組みに私自身も共感しコラボレーションさせていただいているのですが、アクセチュアの社員のプロボノや社員ボランティアの皆さんが様々なフィールドで貢献されています。このような動きを通じて、最近のアクセンチュアの変化を感じていたのですが、今回の和魂偉才塾も素晴らしい取り組みだと思います。

アクセンチュアのコーポレート・シチズンシップ
http://www.accenture.com/jp-ja/company/Overview/Pages/corporate-citizenship.aspx

もともと、和魂偉才塾はアクセンチュアの社員でマネージャーに昇進した人が参加する社内向けの研修トレーニングでした。日本や世界のビジネス環境の大きな変化に直面しながら、これから将来のキャリアを考える大学生の皆さんのために、社内向けの研修トレーニングを提供することを決意したということを聞き、学生のキャリア支援をより良いものにしたいと考える一人の人として感謝の気持ちでいっぱいになりました。この一歩が大きな流れになって欲しいと願っています。

さて、今回の和魂偉才塾のコースは全4コース。

戦略コンサル塾   東京コース(全4回) 関西コース(全4回)
グローバル塾    東京コース(全4回) 関西コース(全4回)
ビジネス・インテグレーション塾(全4回) 東京コースのみ
テクノロジー塾        (全4回) 東京コースのみ

4つの塾のどれにいくのか悩ましいですという声が質疑応答の時に学生から出ていました。副塾長の清水新さんも「確かに、どれを選ぶのかは、本当に難しい」とおっしゃっていました。「自分が副塾長を務める戦略コンサル塾をオススメしたいところだけれども、グローバル塾、ビジネス・インテグレーション塾、テクノロジー塾それぞれに、素晴らしい講師が担当している。どうしても悩んだらくじ引きで決めても大丈夫なくらいどの講座もオススメです」とのことでした。

質疑応答の際に清水新さんがご自身のコンサルタントしての経験から言える本質的なアドバイスをされていました。 説明会という限られた時間の中でも、あれだけの学びがあるということは、本編の塾はどれだけ深い学びができるのか。素晴らしい機会だと思います。

それぞれの募集要項をよく読んで自分が興味を持っているものに参加エントリーをしてください。

副塾長の清水新さんの説明会でのお話中に出て来て印象に残ったキーワードをご紹介します。

◎アクセンチュアがフォーカスしているのは、結果を出すこと。そのために大切なことは、課題の定義だ。方向性は分かっているが、どうやって結果を出すかが、難しい。

◎アクセンチュアはもはやアドバイザーではない。ビジネスパートナーである。提供価値はアウトプットではない、アウトカムである。

課題は何なのかを明確にした上で、その課題を解決し、最終的な結果にコミットする。そのために必要が能力は一体なんなのかを、様々な問題解決の最前線で活躍されているコンサルタントの方々かた直接、感じ取り、学び取ってもらいたい。

和魂偉才塾の選考スケジュールは、
・本エントリー&Web適性検査:受付中~9/19(水)
・グループディスカッション :9/25(火)~9/27(木)@横浜みなとみらいオフィス
・個人面接         :10/2(火)~10/4(木)@溜池山王オフィス
となっています。

選考のグループディスカッションに参加をするだけでも、皆さんにとって価値があります。もちろん、選考を突破し、コースに参加できるのがベストですが、夏までの自分のチャレンジがどこまで自分の成長につながっているのかを具体的に確認する機会にもなることでしょう。

アクセンチュア和魂偉才塾の参加エントリー締切は、9/19(水)。
説明会に参加していない方も直接エントリー可能とのこと、応募要項をよく読んでエントリーすることを強くオススメします。

詳細は
http://intern.jobweb.jp/companyBlog/company_id/6011/blog_id/CompanyColumn-00823


この記事についてTweetする
コメントはありません

この記事にコメントする

*emailアドレスは公開されません

この記事のコメントをRSSで取得する

    最新記事
    最新のコメント
    ジョブウェブのサービス
    佐藤孝治ブログ最新記事